ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2010年11月06日

【報告】つぶやきながらハーフマラソン

jazz.png

先日和歌浦ベイマラソンwithジャズでハーフマラソンを走って来ました。

前回の記事
【実験】つぶやきながらハーフマラソン! in 和歌浦ベイマラソン with ジャズ

結果は2時間26分でなんとか完走、制限時間ギリギリで危なかったです^^;

10kmまでは割と余裕があったのですが、15kmを過ぎるあたりから足が重くなり、19kmあたりからほぼ走れない状態になってしましました。
精神的には頑張れるのに、足がついてこないという状態です。

精神的な支えになったのが、沿道の皆さんの応援とツイッターによる応援。
事前に皆さんにツイッター応援をお願いしておいたおかげで、たくさんのメッセージをいただきました。
応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。


・集合場所の様子


皆さん入念にウォーミングアップをしています。


・スタート直前の様子


スタート直前、遠くの方に見えるのがスタートゲートです。


・最初の給水ポイント


すでに喉がカラカラ、皆さん水に飛びついてました。

・名物のライブ


消防隊の皆さんが応援演奏をされていました。

・ゴール!


ゴールし終わった後はしばらく動けませんでした



【まとめ】

・iPhoneアームバンドはアリ
重さが不安だったiPhoneアームバンドもほとんど気にならずに走る事ができました。
今後もランニングの際には使おうと思います。
ちなみに、iPhoneを持っている人はみかけなかったのですが、iPodやウォークマンなどは何人かみかけました。


・自己管理力が大事
ペースはどれくらいでいくか、モチベーションをどう維持するか、どこで休むかなどマラソンはただ走ればいいというものではなく、様々な戦略、調整が必要なのだと実感しました。
特にペースは重要ですね、遅すぎず、無理せずというペースがつかみづらかったので、次回はそのあたりも調整したいと思います。


・応援のパワーはあなどれない
今回は前半は民家のある山道、後半は海岸線を走ったのですが、前半ではたくさんの住民の方々に応援をいただきました。
本気で応援してくれるとびっくりするくらい元気が出ます。
ボランティアの学生の力のない応援は元気が出ませんでした(笑)。
そしてツイッターの応援も本当に励みになりました、感謝、感謝です。


次回は、、、
Ustreamでハーフマラソン、もしくはつぶやきながらフルマラソンでしょうか^^





OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by Mharu at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168497428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。