ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2010年09月03日

(本編1)OSN夏の陣 合宿

OSNのたくMAXです。

去年の高野山での合宿に続いて今年も、OSN合宿に行ってきました。
(※去年の記事パワースポットでパワーをゲット

今年で2年目ですが、昼〜朝までメンバと長時間一緒にいるという事で話が尽きるまで語りつくし
今年1年の活動の振り返りと今後の方向性の決定そんな場になりつつあるのかなぁと思いました。

訪れたのは、去年に引き続きパワースポット比叡山
【注意】比叡山は京都ではなく、滋賀県です

P1000967.JPG

メインテーマ「30年ビジョン」
今回の初体験「坐禅」

この記事では教えてもらった「坐禅」を紹介したいと思います。

正式名称は、
坐禅止観

初めて体験したのですが、3つのステップがあります。

調身
姿勢、体を整える。
足を組んで2つの膝とお尻の3点で支えます。
ヘソの前辺りで手で卵型を作って、目線はやや前で半目開き
こんな格好でおこないます。

調息
息を整える。
鼻で呼吸をする。ゆっくり吐いて(吐くのが先)ゆっくり吸う。

調心
心を整える。
心を整えるというのは、どうやるのだろう!?と思っていたのですが
初めて坐禅止観をする場合に心の整え方を教えてもらいました。

調息でのゆっくり呼吸をしている息の数を無心で数えるとの事です。

しばき棒!?
坐禅と言えば良く思い浮かべる、パチンッと叩かれる棒
実は「禅杖」という名前がついていました。

今までずっと誤解をしていたのですが、お仕置きの為ではなく、坐禅を助ける為に使用するモノのだそうです。

坐禅中は、動いてはいけない事になっています。
体かしびれてきたり、凝ってきたりするわけですが、この禅杖で叩かれる時だけ唯一動けるのでした。

10分程度たった後、「禅杖」で裁き・・・ではなく、助けを受けたのですが
心地よい刺激で、襲ってきた眠気(寝ていたかもしれませんが・・・)と切れてきた集中力が回復しました。新しい発見でした。

止観する

また、坐禅では、正式名称に止観と付いていつ様に自分の心を見つめるという意味があります。

行う前は、息を数えるだけで何が見えるのだろう!?と思っていましたが
息の数え方一つとっても、自分はこういう人間なんだという発見があるという事を教わりました。

例えば数を忘れた場合、だいたいの所から数える自分、最初から数え直す自分、数えるのを辞める自分
どんな自分なのかコレだけの事でも見つめ直せると。



そして夜は、今後のOSNの活動方向について話し合い。
2010年末には何かあるかも・・・とだけ匂わせておきます。

補足 30年ビジョンの様子
P1000968.JPG

P1000969.JPG OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by たくMAX at 19:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161437434
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。