ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2010年07月19日

プレゼン指南書『魔法のプレゼン』にOSNが掲載されました



OSNのMharuです。

今回は「魔法のプレゼン」という本を紹介したいと思います。

実はこの本で「プレゼンの参考になるブログ」としてOSNが紹介されています。
さらには著者のプレゼンマスター山田進一様より1冊プレゼントしていただきました、ありがとうございます。

好き勝手に書いているOSNのブログがプレゼンの参考になるかはさておき(笑)、この本の内容を紹介したいと思います。



プレゼンの極意とは「聞き手をこちらの期待通りに行動させること」
つかみが下手でも、口下手でも、ブサイクでも関係ない。
そして人を動かすためには、人の心理的な仕組みを理解して、人を動かすボタンを順番通りに押していけばいい。




要するに行動させる事が目的であって、キレイなスライドを作ったり、凝ったアニメーションを作ったり、ウケを狙って笑わせたりする事が目的ではないという事です。
言ってしまえば当たり前なのですが、ついつい目的を見失ってしまいがちではないでしょうか。

本書ではプレゼンの基本となる部分、気をつけないと行けない点、準備の仕方など、幅広く学ぶことができ、すぐに実践に役立てることができます。



ちなみにOSNでは勉強会で各自プレゼンを行うのですが、かなりゆるいスタイルでやっています。
資料もマインドマップで最低限のものしか作らなかったり、資料なしでいきなりホワイトボードでやりだす場合もあります。
プレゼンの最中に質問も飛び交いますし、話がそれる事も多々あります。

しかしそんな内容でも続けているとだんだん上達していくもので、OSNを始めてから人前でのプレゼンに慣れてきたという話も聞きました。


例えうまくなくても自信をなくさずに、少しでも機会を設けてやり続けることが上達のコツと言えそうです。
そして本書の内容をふまえて練習すれば、上達の速度も上がりそうです。

私もさっそく、今後のプレゼンに役立てたいと思います。


OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by Mharu at 23:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
担当編集者です。ご紹介ありがとうございます‼
図などの多いプレゼン本では異例ともいえる文字の多さですが、
その分懇切丁寧な内容になっていると思います。
Posted by あさ出版 吉田 at 2010年07月20日 00:08
あさ出版吉田様
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り丁寧に書かれており、誰にでもわかりやすい内容になっていますね。
いろいろな場面で活用させていただきます
Posted by Mharu at 2010年07月20日 22:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156848373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。