ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2009年11月15日

手に取った率先垂範

ONS炎丸です。

先日私は仕事で長時間移動することになりました。

たまたま読んでいる本もなかったので
新大阪駅で本を買ってから新幹線に乗ることにしました。

その時に取った本がこの本です。







私はBtoCの飛び込み営業の経験があり、
たまにこういう営業関連の本を読んだりします。

ちょっと話が変わりますが、
雑誌というのは普段はあまり手に取りません。
トレードも同じだと思うのですが、
今のリアルタイムな情報がどれだけ豊富で正確でも
それから値動きの予測はほとんどの人にはできません。
だからといって新しい情報はいらないというわけではなく
バランスだと思います。
情報を使いこなす基礎能力と情報収集のバランスが重要だと思います。
余談でした。


この雑誌の中でやっぱり目に留まったのが「率先垂範」でした。
リーダーというはどうあるべきかというのをよく考える私にとっては
どうしても目が引かれてしまいます。笑

またまた話は変わって
「リーダーは半歩前を歩け」の中では




リーダーシップ論については以下のように表現されています。
・リーダーそのものと、リーダーシップについて語る人間とは別物で
・リーダーシップの重大さに気付きながらもリーダーになれない人が
・傍観者として非常な情熱をもって理論を探求したもの

当事者(リーダー)になると自分を客観視できないので
以上の事も言えるかもしれません。

じゃあ私はリーダーになれないのか?笑
(私が目指すところはリーダーではありませんが笑)
そうではありません。
・医者志望の人が医者になるべく勉強するように
・プロ野球選手を目指す子供が野球の練習をするように
・リーダーを目指すものがリーダーについて学び実践する
いたって普通のことです。
そしてその後も
・医者は医療技術や病気についての勉強
・プロ野球選手は筋トレや打撃や守備の練習
・リーダーもよりよくなるために勉強や実践を繰り返す
いたって普通のことです。
そしてその後も
・・・・話がそれすぎるのでやめておきましょう。笑


とにかく、率先垂範という言葉に目がとまったのです。
その話を紹介したいと思います。

一つ目の会社は壱番屋です。
カレーハウスCoCo壱番屋といえば皆さんもご存知だと思います。
今も創業者が健在で現在は創業者特別顧問という
役職についておられるそうです。

27期連続増収という記録を持っている。
そんな創業者の基本姿勢は
「ライバルを気にするな」
「自分の店を自分の目で見てチェックしろ」
「お客様を見ろ」
だそうです。

「ライバルを気にするな」というのはかなり独創的ですね。

そして驚きなのはここからです。
常人にはまねできないと思います。

現役時代は、趣味も持たず、友人も作らなかった。
そして飲み屋に行ったこともなかったそうです。
死後の邪魔になることは何もせず、
年間5640時間働いたこともあったそうです。

なぜそこまでして働き続けたのか、その答が
「率先垂範」です。

そうしないと部下は働いてくれないと思ったからだそうです。

世の中には
「お金をもらってるから働いて当たり前だろ」
と思う方はいらっしゃると思います。
というのはその通りなのですが、それで人が動くかといえば・・・

宗次徳二さん。頭が下がります。


二つ目の会社は王将フードサービス。
餃子の王将といえばみんな知っていますよね。

こちらも外食産業が不振な中、
既存店では26カ月連続増収という勢いだそうです。

王将では店舗運営の一切の権限を店長に委譲していて
店長の教育に重点を置いて人間力の向上に力を入れているそうです。

大東社長は店長を集めた合同会議で
「上司は部下に自分の想いを伝え、導く、伝道師であれ」
と常々言われるそうです。
・部下を怒鳴るのではなく接客でもなんでも自分でやってみせること。
・上司は率先垂範でなくてはならない。
という思いがあるからだそうです。

そんな社長が王将の店長に必要な資質を3つあげています。
・一つは行動力。
 定職をやるときめたら、今日メニューを考えて明日から実行する
・二つ目は部下のことをわかる力
 パートやバイトも含めて性格や行動を読むことで配置を考える
・三つ目は愛嬌。
 上に立って人に指示する人間は人間性を問われる。
 人間の値打ちはやさしさと愛嬌やと思う。

だそうです。

失敗したときに落ち込むのは当人です。
そんな人を怒鳴るのではなく「大丈夫か?」と気遣ってあげる。
そんなやさしさと愛嬌が雑誌の中に紹介されていました。
かといってやさしさだけじゃなくて
行き過ぎた甘えが出ないように厳しさもあるのでしょうけど。


等々。
実りの多い雑誌でした。
営業の話も多々ある中でやっぱり目にとまったのは上のような話です。

人間って面白いもんですね。
自分の興味のあるところや関係の深いところに結局目が行く。
人の話を聞くときでも、
自分の都合のいいように解釈してしまう人のなんと多いことか。
自分を含めてですが。笑

まだまだ情報を使いこなす基礎能力が足りてないのでしょう。
これからも精進していきます。

以上、炎丸でした。

OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by 河北炎丸 at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。