ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2009年10月27日

猛威はインフルエンザか!?それとも・・・

OSNたくMAXです。

仕事や私生活で色々問題を抱える事も多いと思います。
色々解決方法を!と頭を悩ますと思いますが、前提を疑う事ってありますか?

知らず知らずにうちに「前提」という枠組みの中で物事を考えてしまいがちなので
なるべく、「前提」を疑うという事を心がけているようにしています。

ただ、「前提」というのは、あまりに当たり前すぎて、疑う事すら無かったり
周知されている為、こんな「前提」があるとは疑おうにも気づかないなんて事もあります。


今回は、トレーニングとして騒がれているインフルエンザについての
前提をとことん疑ってみましょう。

[注意]
今回はあくまで前提を疑うというトレーニングです。
ですので、前提が正しいか正しくないか?については、ご自信で判断ください。



例文
「新型インフルエンザの大流行により、学級閉鎖が季節性インフルエンザ名並みになっています。
インフルエンザ予防の為にワクチンを接種し、うがい、手洗い、マスクして予防に努めましょう。
インフルエンザが発祥した場合は、重症化しない様に48時間以内にタミフルを投与しましょう。」



大流行を疑う
そもそも本当にインフルエンザは大流行しているのでしょうか?
たしかに、学級閉鎖をしている学校は多いと思います。

だからと言って、
学級閉鎖数の数が多い=流行している
と言えるのでしょうか?

国立感染情報センターのサイトを見てみると
感染者数でみると、季節性のピークの1/6程度なのに
同数程度の学級閉鎖が行われているようです。

これは、大流行しているのではなく、過敏に反応しすぎているともとらえる事もできないでしょうか?

ワクチンの効果を疑う
そもそも、ワクチンに予防効果はあるのでしょうか?
色々調べてみるとインフルエンザの予防接種の義務化が廃止されるまでに
至った『前橋レポート』なるものが存在する事が分かりました。



予防対策の効果を疑う
同じ様にうがい、手洗い、マスクには予防効果はあるのでしょうか?
それぞれ効果があるのか?疑ってみてはいかがでしょうか?

うがいに関して面白い情報も見つかりました。
京都大保健管理センターという所がうがいについて3つのグループに
分けて実験を行ったそうです。

1)なにもしない。 2)水でうがい 3)うがい薬でうがい

この3つの効果のほどは!?
「京都大保健管理センター うがい」などのキーワードで調べてみてください。


重症化の原因を疑う
重症化する前にタミフルを投与するようにと一般的に言われいます。
この事は、
・重症化の原因は、インフルエンザ菌である。
・インフルエンザ菌に対して、タミフルは効果がある。
という2つの前提があっての話ではないでしょうか?
一度疑ってみてはいかがでしょうか?

調べてみると主に重症化の原因として3つの説があるように思われました。

・インフルエンザ菌説
・タミフル薬害説
・サイトカインストーム(免疫システム)説



こんな風に前提と思われる事を疑って調べてみる
というトレーニングを日ごろから、行ってみてはどうでしょうか?

今回は例でも、「前提」が少し違うだけで「インフルエンザ」という
問題に対する行動が変わってくるのではないでしょうか?

OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by たくMAX at 23:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちなみに?只今、タミフル服用中。
Posted by mi-ko at 2009年10月29日 00:26
早めの処置って事でタミフル処方された事あります。

という今は、朝からのどが痛い。

mi-koさんもお大事に!
Posted by たくMAX at 2009年10月29日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。