ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2009年08月16日

パワースポットでパワーをゲット

OSNの炎丸です。

今回、われわれOSNのVol13は合宿という形で開催してみました。
以下にその様子を紹介してみます。

見事にパワースポットでそれぞれ
何かを得ることができるのでしょうか?

合宿初日

10:00京橋集合

13:00和歌山県橋本の大阪王将で昼食

14:30若干一名車酔いのためドライブインで休憩

15:00福地院に到着
SANY0002.JPGSANY0006.JPG

16:00金剛峯寺拝観
SANY0014.JPG

17:00福地院に戻る

   次回ワークショップ打ち合わせ
SANY0035.JPG

18:00夕食
SANY0036.JPG

19:00バスタイム

20:00写経

SANY0045.JPGSANY0051.JPG

21:00打ち合わせ再開
   OSNホームページカテゴリ整理
   ストレングスファインダー各自の資質の発表とフィードバック
SANY0059.JPGSANY0058.JPG
24:30消灯

合宿二日目

5:30若干一名話を聞いておらず起床

5:45起床

6:00本堂にて朝のおつとめ

7:00朝食

9:00チェックアウト

10:00奥の院参拝

12:00昼食

12:30大阪へ移動開始

15:30今福鶴見のファミレスで振り返り&次回までの見通し

17:00解散

19:00若干一名忘れ物確保


今回の合宿では1日目の終了時点でメンバに気付きを書いてもらいました。
ここでその気付きを紹介したいと思います。

環境編
・高野山の景色が奇麗
・宿がいい感じ
・精進料理がうまい
・環境によってアイディアの質や量が変わってくる
・これぞ上座と下座という実感

体験編
・写経は思った以上に時間がかかる
・正座は一時間ともたない

説教編
・お坊さんの話が今回の合宿のストレングスファインダーと合致していてびっくりした。
・今の自分自身がそのまま仏

打ち合わせ編
・寝ながら打ち合わせをするとリラックスしすぎる
・リラックスをしすぎると思考が止まる

ストレングスファインダー編
※次回の投稿に譲ります


今回の合宿では個人的に
ネガティブ発言をカウントしてみるというのに挑戦してみました。
これはビジネス書によく出てくるような
「ネガティブなことは言わない」
という発想からの検証です。
まずはどのくらい言ってるのだろうという分析からというわけです。

宿坊についてからカウントをスタートするという事にしました。
が、カウントの判断を深く考えていなかったために
うまくカウントすることができませんでした。

ネガティブ例
・だるい
・つかれた
・難しい
・最悪
・最低

ぼけであったり、
そのぼけに対する突っ込みであったり。
あとは、言葉自体はネガティブでも使ってる感じはネガティブじゃない
場合とか。

次にやるときはルールを単純化してネガティブワードを全部カウント
しようと思います。

ネガティブワードのカウントについての気づきとしては、
大きく二つありました。
1.いい環境にいると言う必要がないから言わないということ。
2.議論の場ではネガティブワードは出るけども、
  それは車で例えるならアクセルに対するブレーキで必要不可欠ということ。
  アクセルだけでは目的地に到達できない。
  ネガティブと否定は異なる。

特に2についてはもう一息で自分の中に咀嚼して吸収できそうな予感です。
うれしいです。

このほかにも色々感じたこと思ったこと、
もちろんありますが、
今日はこのあたりにしておきます。
自分の心で温めておいていつかお話しできる日が来ると思います。

それでは今日もお付き合いありがとうございました。

OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by 河北炎丸 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125844533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。