ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2009年05月27日

「STUDY HACKS!」からオススメHACKを10個厳選!その効果とは

OSNのMharuです。

今回は、小山龍介さんの「STUDY HACKS!」の中からオススメのHACKを紹介したいと思います。
もちろんすべて実践済みです。



小山 龍介
Amazonランキング:16862位
Amazonおすすめ度:



1.iPodを活用した「ラク耳勉強法」

iPhone.JPG

iPodとiPhoneで海外のpodcastを聞いて勉強しています。
オススメはCNN、とてもきれいな英語で聞きとりやすいです。
IT関係の人にはTechCrunchがオススメ!



2.マインドマップで全体像を把握する

送信者 Mharuマインドマップ


仕事でプライベートで、マインドマップは毎日書いています。
書くための手段は色々ありますが、オススメはMindManager。
本書の著者の小山龍介さんはもちろん、勝間和代さんも愛用のソフトです。
めちゃくちゃ簡単に書くことができ、共有も簡単、しかも見やすいです。

無料体験版もあるので、ぜひ使ってみて下さい
MindManager

Mharuマインドマップコレクション




3.勉強ノートをGoogle Documentsで共有する

osn_sites.bmp

OSNのドキュメント管理はGoogleをフル活用しています。
出欠確認 → Googleスプレッドシート、
勉強会のまとめ → Googleサイツ
プレゼン資料 → Googleドキュメント
動画管理 → Googleビデオ

共有も簡単ですべて無料。
Googleを使わない手はありません。



4.すきま時間を活用する

手帳.JPG


例えばPCが起動するまでの時間を使って、手帳を開き、スケジュールを確認したり、目標を再認識したり、アイデアを書きこんだりします。
人との待ち合わせの時間や電車の中などももちろん有効活用です。



5.ながら勉強で時間倍増

スニーカー.JPG

週に1〜2回ジムに行っているのですが、ただトレーニングをするだけではなくこんなことをしています。

体 → ランニング
目 → テレビでニュースチェック
耳 → iPodで英語リスニング

まさに一石三鳥!



6.早朝をアウトプット学習に充てる

時計.JPG

朝は7時に起き、家を出る8時45分まで主にアウトプット時間として使っています。
夜は仕事の疲れでへろへろですが、朝は頭がクリアなのでかなりはかどります。
眠い時はシャワーを浴びればスッキリ!



7.目につくところにテキストを置く

テキスト.JPG

英語を勉強する時は、部屋のいたるところに参考書を置きます。
そして本棚にはしまいません。
簡単に手に取ることができるので、ちょっとした空き時間などにこまめにチェックできます。



8.Nintendo DSで単語を暗記する

英語DS.JPG

DSで英語勉強に一番効果があったのは「えいご漬け」。
DSの特色として、「タッチペンで書く」というのがありますが、これが記憶の定着に非常に役立ちます。
えいご漬けは聞く、書く、読むをバランスよく、楽しく学べるのでオススメです。
3か月でTOEICが230点アップしたのですが、このソフトの影響も大きかったと思います。



9.iTunes Uで海外留学する

stanford.bmp

転職の際に、オーストラリアに1か月留学したのですが、社会人になるとそう簡単には留学できません。
ところがiTunes Uを使えば、有名大学の講義をタダで聞くことができます。
オススメはスタンフォード大学。
写真は夜のスタンフォード大学に忍び込んだ時のものですが、あまりの広さに面くらって、思わず「要塞かい!」と突っ込みました。

Stanford on iTunes U




10.師匠を持つ


本田 直之
Amazonランキング:1099位
Amazonおすすめ度:



一人目の師匠は「本田直之」さん。
今の自分があるのは本田さんの「レバレッジリーディング」のおかげ、本当に感謝しています。
オフィスにまで招待していただいたり、セミナーに出演させていただいたりとリアルでも交流させていただいてます。

レバレッジシリーズ著者「本田直之」さんのオフィスに招待されました




デール カーネギー,Dale Carnegie,山口 博
Amazonランキング:60位
Amazonおすすめ度:



二人目の師匠は「デール・カーネギー」。
この「人を動かす」で、数々の危機を乗り越えることができました。
コミュニケーションに関する本はこれ1冊あればOKでしょう。
なにかあった時はいつもカーネギーの言葉を思い出します。

名著「人を動かす」を自分なりに解釈し実行してみた



どれもちょっとした心がけで始められると思います。
STUDY HACKで楽しく勉強しましょう!

OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by Mharu at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやぁここまでやれば絶対何かおきますって!!
流石ですよ。流石。

パクらせて頂きます。
ご馳走様でした。
Posted by seahiro@大志は現実化する at 2009年05月31日 22:00
seahiroさんコメントどうも!

こっちのブログもチェックしていただいて
ありがとうございます。

hiroさんになにか起こると言われると
ほんと起こりそうです^^
Posted by Mharu at 2009年05月31日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。