ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2009年05月30日

【実験者募集】たくMAX考案、速読トレーニング

OSNたくMAXです。

今回は、本を読むのが早くなるトレーニング方法を紹介します。

たくMAXが大学の時に思い付いた方法なのですが
簡単にできるので、実験者募集します。

体感できる効果
・本を読むのが早くなる。(特に今までに読んだ事があるジャンルの本に効果的)
・このトレーニング方法で使用した本は、内容をよく理解できる。

方法
簡単に言うと『しおりを使わず読む』だけです。

1.一度に最後まで読みきらず、数回に分ける。
2.しおりをつけずに読む。
3.当然2回目以降に本を開くときは、どこまで読んだか分からなくなる。
4.本の最初のページから、どこまで読んだかを1ページづつめくりながら、探す。
5.探し終えたら、続きから読む。

たったコレだけです。

強調している4番の所がトレーニングになります。

この4番で、どこまで読んだか探すワケですが
「このページを読んだ?読んでない?」を判断する事になります。

当然全部の文字を読む事はせずに、ざっとページに書かれている内容を把握して、
知ってる?知らない?という事で判断する事になります。
この『ざっとページに書かれている事を把握する』
という所がトレーニングになり、なるべく続きのページ早く探せるように練習していきます。

効果
この方法に慣れてくると、普通に本を読んだ時も
・本の中で繰り返し出てくる内容
・同じジャンルの本を読む場合で知っている内容
をサーっと読む事ができる様になり、読むのが早くなりました。


また、このトレーニングで使った本は、内容をよく理解できます。

4番の所で、今まで読んだページまでの本の内容が思い起こされて、反復する事になります。
読んだけど忘れている内容があった場合は、「ここ読んだかなぁ?」という事になりもう一度読む事になります。

という事から普通しおりを使って、読んだ本に比べて読み終えた後、内容がしっかり定着できてると思います。

特に資格試験の参考書なんかは、いつもしおりを使わずこの方法で読んでいます。

【実験者募集中】


OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by たくMAX at 00:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。