ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2009年05月03日

帝王学のすすめ

炎丸です。

まずは帝王学について、知らない人も多いかと思います。
聞いたことすらない人もいるかと思います。

私がこの言葉に出合ったのは二十歳のときだったでしょうか。
初めてこの言葉を聞いた時から興味を持ちました。

簡単に言うと帝王ってどういう人なの?
っていうのを突き詰める学問だと思っています。
空理空論だけでなく実践のスキルを含めて。

勝手に思っているだけです(笑)

私はこの帝王学にものすごい魅力を感じています。
なぜなら、世の中のおおぜいがこの帝王学を考えるようになれば
世の中がもっと発展するんじゃないかと思うからです。

みんなが帝王(リーダー)になる必要はないとは思いますが、
ある組織(どんな小さな単位でも)の長になるからには
帝王学を意識すべきだと思います。
そして、今は帝王(リーダー)でない人もいつそうなるかわかりません。
なってから考えるのではなくなったときのために考えておく必要があります。

ある個人は必ず何かの組織に属しているといっても過言ではありません。
何かの組織の長であるひと、または過去に組織の長を経験したことのある人
もおおぜいいると思います。

どうでしょう。想像してみてください。
それぞれの組織が最大限の力を発揮したらどうなるでしょう?
人間1人で「1」の力であっても2人で「2」かというとそうではないですよね?
2人が相乗効果を生めば「3」にも「4」にもなります。

この組織の力を最大限に発揮させるのも帝王学の分野だと思っています。

最大限に発揮した組織はまたどこかの組織に属していたりします。
そしてこの組織の積み重ねが世の中だとすると、もうその効果は絶大です。

組織が最大限の力を発揮している状態であれば、
組織に属している人は満足を得ているはずです。

みなが満足を得ている状態で世の中にもいい作用を及ぼす。
これが帝王学普及の効果だと思います。
効果ははかりしれません。

今日ここに書いたことは単なる絵空事の理想だと思う人はいるでしょう。
帝王学をご都合学問扱いするなという人もいるでしょう。
確かに今日は大きな話をしましたし、
都合のいい解釈をしているかもしれません。

しかし、普及すれば世の中は今よりは良くなるでしょう。

大きな変化も最初は小さな変化が始まりです。
最初は変化していることにすら気付かないものです。
後になってからわかることは多いものです。
小さなことかもしれないですが、私は何かをしようと思います。

心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。

最初は小さな心がけから。
みんなで人にやさしい頼られる人になりませんか?
それが目指す帝王かな?
今はそう思っています。

二十歳のころは発言が「軽い」とよく言われていました。
帝王学に出会って自分というものを見つめなおし今では言われません。
これも一つの変化だと思っています。

日々精進。これからもがんばっていきます。
一人でも多くの人が帝王学に興味を持ってくれればと思います。

それでは、また。

次回 帝王学の探究 OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by 河北炎丸 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。