ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2010年07月07日

Dr.OGAの軽量化大作戦

written by Dr.OGA @ OSN


「カバン、重いな〜!」



ある人に少しの間、荷物を預かってもらったときに言われました。

PCが入っているわけではないのですが、

アレやコレやと、カバンの中の物が増えていき
最近では常備品だけで、かなりの重さになっていました。

測定結果は なんと 4.7kg !!


軽い筋トレ状態です。


手の平には、いつもマメができていたので
このたび 軽量化大作戦 に打って出ました。

(※夏へ向けたダイエットのお話だと思った方はすみません。)


カバンの中からあまり使ってない小物を出すのと同時に、
特に重い手帳などをスッキリさせることにしました。

ちなみに手帳はノートを大量に挟んでいるため、 900g もありました。
モバイルPC以上です。



【さくせん1】 手帳の軽量化

ダヴィンチ・アースレザーシリーズ(A5サイズ)
ダヴィンチ・アースレザーシリーズ(A5サイズ)  900g

から

FILOFAX Finchley(バイブルサイズ)
FILOFAX Finchley(バイブルサイズ)  400g



【さくせん2】 ノートの軽量化

手帳をスッキリさせるのはいいんですが、ファイルしてある大量のノートはどこへ?
これから書く分や進行中の分も含め、すぐに見たいから挟んでいるので。。。

そこで。


手帳にファイルした大量のノート

から

紙に書いて ⇒(切り取って)⇒ スキャン ⇒ ipodへ格納


ノートも切り取りに便利なアイデアノートを使用。
ニーモシネ ノートパッド&ホルダー
ニーモシネ ノートパッド&ホルダー




【さくせん3】 スキャナの変更

さくせん2のハードルを下げるために、文明の利器にモノを言わせます。

数年前のオールインワンプリンタのスキャナ (一枚ずつ開いてスキャン)

から

ドキュメントスキャナ (束で差し込んで連続スキャン)


Canon imageFORMULA DR-150
Canon imageFORMULA DR-150

早い、安い、小さい、カワイイ。
面倒くさがり屋の私にもピッタリの一品。

名刺やRHODIAメモ から A4文書まで素早く読み込んでくれます。




【さくせん4】 本の軽量化

現在、あるテキストを学習しているのですが、結構なページ数で
重さも600g程ありました。

順番に読んでいくタイプの本なので、分けちゃいました。

1冊×600g

から

3冊×200g

FedEXの裁断、製本サービスを利用して、1冊の本を3冊に再製本してもらいました。





ええい! 
ここまできたら、カバン本体も軽量化させてしまえ!
【さくせん5】 カバンの軽量化

吉田かばん 1.1kg

から

Felisi 0.7kg


(※勢いで欲しかったものを買ってしまったところもあります。)




【結果】 現在の軽量化状況

4.7kg ⇒ 3.2kg


消費カロリーは減るかもしれませんが、これでいつもより早く歩けそうです。





そういえば・・・

今週から、お仕事ノートも新しくなりました。

モレスキン ヴォラン
モレスキン ヴォラン

から

ツバメノート H100S
ツバメノート H100S


土曜日に炎丸と待ち合わせている間に、ノートを物色していました。
アレやコレやと迷っていたのですが、ツバメノートに1発KOされました。

シンプルなデザインのA5ノートなのですが、ページの部分にある秘密が!?

見つけた瞬間、萌え〜!! 即効でお買い上げでした。


書き味も調子いいです。 機会があれば一度、手にとって”見て”ください。



ではまた♪



OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by Dr.OGA at 07:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

非難の先に

OSNの炎丸です。

前回「非難を恐れて」というタイトルでブログを書きました。

今回はその続編です。

他の候補としては
・「無」と「有」の関係
・SNS、ブログやツイッターについての考察
・iPhoneの感想
と、悩みましたが、今回は前回の続編を書きます。


前回の内容を簡単に振り返ると、
ミスが認められない環境に自分を適応させてきた。
で、
環境が、勉強から実践の場に変わったので、
自分を変えていかないといかんなぁ。
と、
そんな内容だったかしら(笑)



社会人になってから、
学生時代の勉強以外のことを色々知っていくうちに、
なんチャラ理論とか、
なんとかという人はこういうことを提唱したとか、
ちょくちょく目や耳に入ってくるようになりました。

気づいたんですが、あんまり日本人の名前が出てこないのよねぇ。
なんで?って当然思いますよねぇ。


ある時、前回書いた内容が当てはまるんじゃないかなぁって思ったんですよ。
「正解じゃないとダメ」っていう固定観念に縛られてるんじゃないかって。

上でいったような、なんチャラ理論とか提唱って、
その時その時代は、受け入れられて流行っても、
また後になって実はこっちのが良いんじゃないかって
見直されたり、
昔は理解されてなかったことが評価されたり、
でも、そうやって一歩ずつ進んできてるんだと思います。

そういう一歩一歩があって今があるんですよ。
いきなり百歩は進めません。

正解かどうかは後になって分かることであって、
その時その時は、その時の一歩でいいんだと思います。

ダーウィンの進化論にも通ずると思うし。


つまりだ、
何がいいたいかというと、
言いたいことは、
「そんなに恐れることはない」という事。

だって、歴史に名を刻んできた人ですら、
あとであれは間違っているって言われるんですよ。
教科書の内容だって今では昔と変わってるし、
学校で嘘を教えてたことになります。(笑)


そんな事に比べたら、
ちょっとした間違いなんてかわいいもんだよ。

それよりも、
これだと思ったことを世に知らしめることの方がどれだけ重要か。
それが人の思考を刺激して、新たな思考の創造につながる。
これがね、相乗効果ってやつでしょ。

そう思うようになってから、
人の非難を非難と思わなくなり気が楽になりました。


オシム元監督も同じようなことを感じているのかも

OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by 河北炎丸 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

照明を利用して生活リズムを整える

 OSNのteraです。
 皆さんの自宅の照明は、何を使ってますか?
 私は少し前まで、シーリングライト(天井に付ける照明)で
 ずっと生活してました。
 
 少し照明について調べてみると、あまり良くない事に
 気が付きました。
 それは、昼夜に関わらず、明るい照明を
 受け続ける事で、ずっと活動的になり
 くつろぎモードになれないという事です。
 
 ビジネスホテルに宿泊した際、照明が暗いと
 感じたことはありませんか?
 最近までは、なぜホテルは暗いのだろう?と
 思っていましたが、くつろいでゆっくり休めるよう
 ホテルが意識していたんだと気が付きました。

 ちなみに欧米人は日本の家が昼夜問わず
 部屋を明るくしている事は理解できないそうです。

 やはり自然現象に沿って、朝は太陽の光を浴びて
 夜になれば暗い中で生活するリズムになっている
 人間の体は優れものですね。

 寝る前の二時間前には照明を少し暗めにするのが
 寝つきを良くするコツだそうです。

 最近、朝起きるのに目覚まし+照明を使い始めました。
 タイマー付きコンセントを使えば、指定した時間に
 自動でON/OFFを切り替えられるので、簡単にできます。
 皆さんも目覚ましだけでなく、照明を使って
 朝起きてみてはどうでしょうか?
OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by てら at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。