ビジネス書、セミナー・・・  読むだけ、聞くだけでは終わりたくない。
『 実験してみよう!』
このブログは、好奇心旺盛な研究員たちの実験と考察の記録である。
Dr.OGA.JPG 本棚.JPG 炎丸.jpg DSC00063.JPG たMAX
※記事はOSNメンバー5人で更新しています※

2010年06月13日

OSN Vol.25 強み調査票の活用

OSNのたくMAXです。

昨日は、OSN Vol.25の活動を行いました。

今回はテーマを決めての活動となりました。

テーマは「VIA・強みに関する調査票 (VIA-IS)」
240問の質問に対しての回答を行って、24の強みの中から自分の強みを発見しようという物です。

実は、去年のOSN合宿でもテーマの一つとして「ストレングスファインダー」をメンバ全員でやってみて話し合う。
(詳細は:「ストレングスファインダー!さらに!」の記事参照)
という事をしました。

※ストレングスファインダーは、下記の書籍の付録として受験できます。
マーカス バッキンガム,ドナルド・O. クリフトン
日本経済新聞出版社
発売日:2001-12-01



合宿の時(強みを議論)
・メンバそれぞれの強みを把握。
・それぞれの強みを活動に生かす。

今回(活用法を議論)
・強みに関する調査票の活用方法
・利用方法、利用シーン


◎新たな試み
 普通このような自己診断は、自分で自分の事を回答するというやり方をすると思います。
 無料で何度でもできるという事もあって、今回新たな試みとして、自分以外のメンバの
 回答をするという事をやってみました。

 具体的には、メンバ1人ターゲットを決める。(仮にTeraとする。)
 VIAの問いに関して、Tera以外のメンバが

 質問:「もっぱら出かけるのが好きである。」
  当てはまる:どちらかといえば当てはまる:どちらでもない:どちらかといえば当てはまらない:当てはまらない

 というのを別のメンバが
 質問:「Teraは、もっぱら出かけるのが好きである。」
  当てはまる:どちらかといえば当てはまる:どちらでもない:どちらかといえば当てはまらない:当てはまらない

と置き換えて、回答する。(240問あったので、残りの4人のメンバが60問づつ回答)
というのをやってみました。

◎気づき
 ・2回受けたメンバがいたが、結果が結構異なっていた。1回目と2回目間の出来事などが結果に影響
   セミナーなどが与える心理効果の測定に利用できない?
 ・新たな試み(他のメンバが回答した場合)で出た結果の方が自分に当てはまっている
  と感じるメンバが多かった。


◎次回OSNのテーマ
 メンバ全員のワースト3に「審美眼」というのが入っていた事から
 次回「審美眼」(弱み克服!?)をテーマに勉強会を行う事になりました。


「審美眼」はいかほどか!?という事で
余った時間でホワイトボードに書いた。メンバの似顔絵
Mharu犬

誰かわかりますか?(笑) OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by たくMAX at 22:59 | Comment(1) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

アラサー☆


OSNDr.OGAです。



また一つ歳をとりました♪



本日ついに! アラサー(29歳)となりました。


考えてみると大学へ入学した18歳から、ここまでの10年余りは一瞬のようでした。

ただ、時の流れはそう感じても
ここ2年くらいは かなり 濃い時間を過ごせている ように感じます。

そして、それはOSNを始めた頃からと ほぼ一致しているんですね〜。
はじまり?きっかけ?だったのでしょうか。


vol1-1.JPG
(20080621 OSN vol.1 @クレオ東 和室)



いろんな学び、経験がありましたが、
中でも 人との出会い が最も大きなインパクトを持っていると思います。


OSN そして わたくしと 縁を持ってくださった方々に

心から感謝いたしますm(_ _)m




さて、以前のブログでも書きましたが、私は個人的な10年計画を持っています。


毎年1月にその年の目標の詳細化と
来年以降の中長期目標の微調整をすることにしています。

昨年末に棚卸しをしたところ、09年の達成率は73%(甘口の自己採点)

今年はどこまでやれるかな?そう思いながら目標を見つめたところ・・・
進捗が芳しくありません。 もうそろそろ中間地点なのに。


そんなことをある友人と話していた時のこと、
「見直してみたらぁ〜?」
と言われました。


・・・確かに。


何気ない一言が、私の中でリンクしました。

今は自分自身でも、ある程度の速さで変化(=成長?)していると感じる時期ですので
半年経てば見えているものや状況も変わってきます。

1年ではなく、半年経ったところで微調整をしてみようと考えました。

中長期のゴールをあきらめたり、コロコロ変えるというのではなく、
その時点で自分の置かれている状況を見つめ
1年の目標をブラッシュアップする必要がありそうだと感じたのです。

企業で言えば上期下期の節目のようなもの。
そのうち、四半期で・・・と言い出すかもしれませんが
まずは試してみようと思います。


中長期目標を踏まえながら、半年間をふりかえる・・・

◇何が進んでいて、何が進んでいないのか?

◇進んでいるものは、もっと目標を高くした方がタノシイか?

◇進んでいないものは、本当にやる必要があるものなのか?
 潜在意識が避けている?!

◇何か新しい要素が必要になってきている?
 それは自分の周りに引き寄せられてきていないか?



目標を立てれば良いというものでもないし、
それが当てはまる人、そうでない人もいると思います。

ある人は「私は未来に縛られたくないから、目標は立てない」といいます。
それでいいと思います。

「自分を知っている」「自分のやり方を持っている」ことが
すごく大事なのではないでしょうか。



ここ最近は歳をとるのが すこし楽しくなってきました。

27歳よりも28歳の方が楽しかった。
29歳もきっとそうなる予感がしています。

初日から最高のSTARTも切れましたし(♪)



今日もここまで読んでいただいて ありがとう


可能性を絞ってしまわないために、あえて抽象的な表現ですが
結びに29歳でやりたいことを一つ。





『 みんなにパワーを伝えること 』


私の中のパワー

誰かとの化学反応で生まれるパワー

そして、他の誰かの中に在るパワー






ではまた♪



OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by Dr.OGA at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

がんばれ日本

OSNの炎丸です。

サッカー日本代表のテストマッチ
日本×コートジボワール戦

試合を見てて、思いました。
全くドキドキしない。
点が入る予感もしない。

目標はベスト4です。
日本国民は最初こそ期待していたものの、
今ではどれくらいの人が本気で期待してるのでしょうか。

半世紀ほど前の1964年のことです。
モチベーション理論の1つで期待理論というのがブルームという人によって提唱されました。

理論の概要を説明しますと、
@何に向かってAどうすればB成果が得られる
この3つの条件が揃っていると、期待の連鎖が生じ、人は動機づけられるそうです。
学術的に言うと、@目標A戦略B成果という感じでしょうか。

「目標を達成すれば、成果が上がりそう」 → 期待が生じる
「戦略を実行すれば、目標が達成できそう」→ 期待が生じる

となるので、@ABがうまくそろうと期待が生じて、「やってみよう」とモチベーションが上がるわけです。

普段生活している中でも意識せずになんとなくそう思っていることを、1964年にブルームさんがわかりやすくまとめてくれました。
ありがとうございます。(笑)

今の日本代表でいえば、
@ベスト4
A???
B日本サッカーの実力を示す

と、いった感じでしょうか。
そう。Aのベスト4を達成することができる戦略が感じられないから、みんなベスト4を信じられないんでしょうね。

私は考えましたよ。
ガンバッテ欲しいから。

最近の代表戦はドキドキしない。
何も起こる気がしない。

勝てなくてもいいからなにか起こる気がする戦略をとってみたらどうかと(笑)
そこで考えた作戦が、名づけて「IDサッカー!でベスト4」

今更聞けない質問。
IDって何だ?
Important Data:重要なデータ

どういう情報を利用するかというと、
どういうプレーが得点につながっているか。
それを分析して、試合に役立てる。

データ分析の仕方で細かい戦略を色々作ることができると思います。
1.状況に応じた戦略
2.時間帯に応じた戦略
3.相手フォーメーションに応じた戦略
4.相手チームに応じた戦略


テレビでも専門家が気持ちを見せて欲しいとか、
心理的なことばかり言っている気がします。

気持ちも重要だと思いますが、
気持ちだけではなんともならないとも思います。


この話に絡めて、
もうひとつ違う観点で話をしたいのですが、
それはまた別の機会に。



がんばれ日本。
OSN初の電子書籍、無料ダウンロードは下記から
和室から始めるゆる勉のすすめ


posted by 河北炎丸 at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 過去履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。